個人情報保護法とは?

個人情報保護法について解説します。個人情報保護法は誤解や拡大解釈も多く見られるので正しい知識を身につけておきましょう

  1. 悪質QATOP >
  2. 役に立つ法律知識 >
  3. 個人情報保護法

個人情報保護法の解説

個人情報保護法は個人情報の保護に関する法律という正式名称です。適用範囲が行政機関にまで及ぶ広い範囲なので、ここでは出会い系サイト利用時に関係のある範囲で説明することにします

主に出会い系サイト利用時に関してはユーザーの保護に働いてくれる法律なのですが、個人情報保護法は苦情を受け付ける機関に苦情を申し立てることによって始めて効力を発揮する法律ですので、被害を受けた場合は必ず苦情処理機関に被害報告を出すようにしてください。そういった意味においてこの法律を実効性がない法律という声もあるのですが、この法律の性格として国民1人1人が個人情報に対して高い関心をもってほしいという意図も込められているということも頭に入れておいてください

矢印gif 個人情報保護法の概要

出会い系サイト利用時に則して言えば、個人情報にあたるものは「生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの」という定義に従えば氏名、住所、銀行口座番号、クレジット番号などがあたります。

メールアドレスは個人情報の扱いになるかどうかは実は微妙です。経済産業省のガイドラインに従えば「yamada-tarou@xxxxx」というメールアドレス氏名などが入って個人が特定できるメールアドレスは個人情報になりますが「april.may.june.july@xxxxx」などの個人が特定できないメールアドレスは個人情報にはならないとするなんとも実用的でない考えを示しています。ですが、現実問題として企業団体などはメールアドレスや携帯電話番号も個人情報として取り扱うべきというコンセンサスがあります

個人情報保護法の原則は下記の通りです

  • 個人情報の利用目的の特定(利用目的をできる限り特定)
  • 個人情報の利用目的の制限(本人の同意のない利用目的外での利用禁止)
  • 個人情報の適正な取得(利用目的を偽っての取得の禁止)
  • 個人情報の取得に際しての利用目的の通知(利用目的の明示と透明化の義務)
  • 苦情の処理(苦情に対して迅速に対応できる措置の義務付け)

矢印gif 個人情報保護法に反する行為

上記の個人情報保護法の原則に従えば、例えば出会い系サイトの会員データを売買している業者は全て個人情報保護法違反の可能性があります。ですが実際どの程度の会員データを横流ししているかで取り締まるのが難しい場合があります。つまりメールアドレスと性別だけであれば、個人が特定できる要素が低いので個人情報保護法違反にはならない可能性があります。

ただし個人情報保護違反にはならないかもしれませんが、未承諾の広告メールを横流ししたユーザー情報に基づいて送信したりすると特定電子メール法等の迷惑メールの規制に対して違反になる可能性は非常に高いです

例えば同時登録は個人情報保護法に違反する可能性がある悪質な行為です。同時登録はサイトへの入会の際に他のサイト(第三者)へ個人情報の提供を行っていることになり、そのことが利用規約にも書かれていない場合は個人情報の利用目的の明示義務を果たしていない上に、個人情報を譲渡することへの同意を得ていないことになります。(もちろん第三者に提供した情報が性別・年齢・メールアドレス以上に個人を特定できる情報も含まれていた場合に限るのは上述の通りです)

同時登録を行っているサイトは特に完全無料サイトに多いのですが提携する有料サイトへの個人情報の横流しを明示なく行っていれば個人情報保護違反となる可能性もありますが、実際の検挙例を見ると個人情報保護法違反よりも迷惑メールに対する取締りが現実的なようです

ですが何よりも登録した覚えのない出会い系サイトからメールが送信されてくるというのは自分の個人情報(メールアドレスと性別という軽度のものではあれ)が流出していることに違いありません。利用意思がなければ苦情機関に通報してください。個人情報保護法は個人情報を扱う企業団体に対して被害者が苦情機関に通報することで初めて効力を発揮できるのですから

矢印gif よくある個人情報保護法の誤解

個人情報保護法が対象としているのはあくまで個人情報を取り扱う企業や団体です。個人が個人情報保護法の違反者になることはありません。例えば「Aさんのメールアドレスを知人のBくんに無断で教えてしまった」としても個人情報保護違反にはなりません。また「部下との不倫をCさんに社内に言いふらされてしまった」というのも個人情報保護法違反にはなりません(名誉毀損罪にはなるかもしれませんが)

→ [PR] 無料の出会い系ってどうなの?

デートで本気を出すために!出会い系サイトは出来れば無料で使いたい男性の為に♪出会い系初心者でも安心♪男性女性共無料!!

無料出会い系サーチを見てみる

矢印gif 個人情報保護法遵守のサイト

個人情報保護法は前述したとおり「実効力のない法律」と言われることが多いです。確かに苦情処理機関に通報して始めて効力をもつという性格など、よく耳にするわりには実際に出会い系サイトの被害で効力を発する法律ではないのかもしれません

ですが個人情報の取扱いに関して、その個人情報の軽重に関わらず(メールアドレスのみでも)きちんとした管理を行ってくれる出会い系サイトを使いたいものです。有料ポイント制の出会い系サイトの利用ではクレジット決済や銀行振り込みなど重要な個人情報を入力する場面もあるのですから。下記に個人情報の取扱いに関して定評のあるサイトをご紹介しておきます

→ オススメ優良出会い系

優良出会い系選びと成功のポイント
悪質A画像悪質Q画像 @:運営会社の知名度や運営歴は重要!運営暦は10年以上!
A:男性低レートポイント制!女性完全無料が基本!女尊男卑!
B:複数登録し比較も忘れない!使用用途を分けて使う!

当サイト!オススメ優良出会い
↓↓↓↓↓↓
被害無!安全コミュニティ画像
出会い系サイトは会えないと意味がない…優良出会い

TOPページへ戻る

Copyright(C) 2011 出会い系サイトの被害と対策。悪質Q&A  All Rights Reserv  無断転載禁止