恐喝罪と脅迫罪とは?

恐喝罪と脅迫罪は根本にある法の性格は同じです。ともに刑事罰がありますが立件が難しいケースが多く、脅迫罪の場合は民事の慰謝料請求訴訟になるか示談金で解決、恐喝罪の場合は返金請求が一般的です。

  1. 悪質QATOP >
  2. 役に立つ法律知識 >
  3. 恐喝罪と脅迫罪

恐喝罪と脅迫罪の違い

恐喝罪と脅迫罪の実際上の運用の違いは一点だけと言えます。つまり"相手方の財物または財産上の利益を取得する意図"があったかどうか、です。要するに金銭やそれに準ずるもの狙いで脅迫すれば恐喝罪、金銭目的以外の目的ならば脅迫罪となります。また性的自由の判断を脅迫行為で侵害した場合は強姦罪や強制わいせつ罪に当たります。

具体的な例で示すと「お前の息子を殺してやる。」というのは脅迫罪ですが、「お前の息子を殺してやる。嫌ならば300万円出せ。」というのが恐喝罪です。刑法上の量刑では恐喝罪が10年以下の懲役に対し、脅迫罪は2年以下の懲役または30万円以下の罰金となっています。もちろん裁判になると「金銭目当てであったかどうか?」が争点となります。被告側の弁護人は「脅したのは確かだが金銭目当てではなかった」と量刑の重い恐喝罪ではなく脅迫罪だったという点で対抗してくるのが通例のようです。

矢印gif 恐喝罪と脅迫罪の成立要件

恐喝罪も脅迫罪もその成立要件として害悪の告知を必要とします。その害悪の告知とはどういうものかをまずは見ていきましょう。

    害悪の告知に相当する内容
  • 将来の害悪についての告知であること
    └既に起こった害悪については脅迫にならない
  • 告知者がそれを支配・左右できる害悪であること
    └例えば天変地異に関する害悪については害悪にならない
  • 告知の方法は問わない

もちろんこの他にも脅迫者の性別・年齢・告知を受けた状況なども考慮されます。脅迫された場合はこれらの害悪の告知に相当する証拠として取っておくのが大事になってきます 性質上「言った/言わない」の水掛け論になりがちなので、法的証拠に値する証拠品の有無がかなり重要な基準になります。

また恐喝罪の場合は害悪の告知だけでなく、金銭や財物に対する要求があったり、金銭や財物を脅し取られた証拠がさらに必要になってきます

矢印gif 出会い系サイト運営側による恐喝罪・脅迫罪

それではここからは出会い系サイト関連のよくある事例を紹介していきます

まずは出会い系サイト運営者によるユーザーに対する恐喝罪が比較的よくあります。これは具体的にどういうことかと言うと、例えば不当請求を行うサイトなどがよく使うのですが「本日中にご利用代金100.000円のご入金が確認できない場合はご自宅・職場へ債権回収部の人間が債権取立てに派遣させていただきます(訴訟を起こします)」などの督促メールです。

実際恐喝罪は債権回収という権利行使の際にも社会通念を逸脱した取立てを行えば成立します(もちろん不当請求なので正式な「債権」ではありませんが)。また債権回収は基本的に「いくら払え」という具体的な金額を要求している行為なので恐喝と見なされやすい土壌があります。

実際上記のような督促メールが恐喝罪になるかどうかはケースバイケースかもしれませんが、こういった不当請求の恐喝まがいの督促に対して返金請求が通る可能性は高いです。被害に遭った場合はメールなど証拠として提出できそうなものは保存して全額返金を求めましょう。

矢印gif 美人局被害による恐喝罪

ユーザー間のトラブルとしてよくあるのが美人局被害の際の恐喝罪です。主に女性やその協力者が買春した男性に対して「お前のやっていることは売春防止法違反だ。警察に突き出されたくなかったら示談金を払え」や「俺の女に手を出して許せない。慰謝料100万払え」などの恐喝行為です。

出会い系サイト関連のニュースなどを見ていても結構見かけるケースです。しかも刑事犯として逮捕されている場合も見かけます(逮捕されても起訴されるかは別ですが…)。もちろんこうして刑事犯として立件されれば同時に民事訴訟で返金請求も通りやすくなります。

ですが、なかなか個人間のこうしたトラブルで恐喝行為があったと民事訴訟を起こしても示談金や慰謝料請求をとるのは難しいかもしれません。取れても小額(3万円程度)になる場合がほとんどのようなので妥当以上の金銭を被害者が要求しても通らないことが多いというのは覚えておきましょう。

矢印gif わいせつな画像をめぐる脅迫罪

出会い系際とのユーザー間でわいせつな画像を送りあってそれを「バラまくぞ」と脅迫されるケースもよく見かけます。実際のこうした事件を見てみると、脅迫相手が児童であり脅迫者は脅迫罪というよりも児童ポルノ規制法で逮捕されていることが多いようです。

出会い系サイトは男女間の感情のもつれからつい相手を感情的に脅迫したり恐喝したりする場合もあり、被害者にもなり得れば加害者にもなりえます。ただ感情にまかせて怒鳴ったりしたくらいでは脅迫罪や恐喝罪にならないことのほうが多いです。

ですが自らそのような罪になる可能性がある行為は慎むげきでしょう。紳士的に対応していればまず成立しえない犯罪ですので、ネット上だからと暴言を吐いたり、激しく罵倒していい根拠などないのですから。

→ オススメ優良出会い系

優良出会い系選びと成功のポイント
悪質A画像悪質Q画像 @:運営会社の知名度や運営歴は重要!運営暦は10年以上!
A:男性低レートポイント制!女性完全無料が基本!女尊男卑!
B:複数登録し比較も忘れない!使用用途を分けて使う!

当サイト!オススメ優良出会い
↓↓↓↓↓↓
被害無!安全コミュニティ画像
出会い系サイトは会えないと意味がない…優良出会い

TOPページへ戻る

Copyright(C) 2011 出会い系サイトの被害と対策。悪質Q&A  All Rights Reserv  無断転載禁止